京つう

  ニュース/メディア  |  北信越地方

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2007年09月13日

逃げた首相



昨日も書きましたが、一国の首相が、こんな辞め方をするなんてことに納得が行かないので、今日もいろんな情報をチェックしてみました。

現時点での感じでは、次のようなことのようです。

今の「安倍政権」は「麻生氏」に乗っ取られ、「麻生、与謝野ライン」で物事が決定していく。
安倍首相は言わば、「お飾り」的存在になっていて「決定権」が無くなりつつあった。
そして、テロ特措法の件で決定的な「対立」が発条した。
「所信表明演説」まで頑張って自身の考えを伝えて来たが、「その日」に決定的な「何か」が発生した。
「対立」が決定的となったのかも知れません。
進退については、中曽根氏とも相談していたようです。
そして、
安倍氏が首相として「代表質問」に答えると、「麻生ライン」の考えを主張することになり、自身の「考え」と別の答弁になる。
首相として、そのことに絶対堪えられない。

なので→辞任と、なったようです。

独研の「青山繁晴」氏は、首相側近筋から、「病気が原因では断じてない」との証言を得ていると言っていました。


だとすると、安倍さん。哀れですね。
「その日」の決定的な「何か」については、解らないのですが、「下血した」とか「吐血」したとか、そんなことなのかも知れません。
「心身」ともに疲労困憊して、気力が無くなったってことなのでしょうか。
今日のニュースによると「入院」したみたいなので、「重病説」が流れているようですが、やっぱりそれ程(辞めなければならないほど悪いよう)では無いようです。

しばらくしてからの「再登板」を、許されない辞め方になってしまったことは、残念ですね。
元気になったら、余生を「北朝鮮問題」に賭けることを期待するばかりです。


さて、世間は次の総理が誰かとの話題に移ってしまっていますが、誰になったとしても、自民党最後の首相となりそうですね。
誰が出て来ても一緒です。もう、自民党にその役を担える「人」はいません。

小泉さんが再出馬っていうならもしかしたらって感もありますが、小泉さんにしても「燃え尽き」ていますからね。
71歳の福田さんなんてことになったら、本人はうれしいでしょうが、・・・・・・。


早く、解散、して下さい。  


Posted by 四十郎 at 23:51Comments(0)ニュース徒然草