京つう

  ニュース/メディア  |  北信越地方

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2006年11月18日

おまとめローンに気をつけろ!!




最近、ラジオなどでよく聴く、銀行のCMが気になっています。

東京S銀行や、関西A銀行などがやっている、「おまとめローン」というやつです。



複数の消費者ローンでお悩みのあなたに朗報です、みたいなノリで、銀行の「おまとめローン」なら、金利も安くなり、複数の借金を1社にまとめ、口座からの自動引き落としにすれば、金額も手間も「激減」します。

まさに、いいことずくめの「おまとめローン」をぜひ。と、いう広告です。



果たして、本当に良いことだらけなんでしょうか?



よく見て下さい。安いといっている金利は、17.5%だったりします。

金利優遇を受けたいなら、不動産を担保に、と言います。



これって、以前に消費者金融がやっていたことと、大差ないですね。

確かに、利息制限法よりは、少しだけ安くなってはいるけれども・・・・?



つまり、消費者金融が儲かる事がわかった「銀行」が、新たな「顧客層」として、「消費者金融」から、お客を横取りしようということなのではないのでしょうか?



しかも、ここで「銀行」に乗り換えると、「過去の支払履歴」が一旦清算されてしまい、せっかく手中にしている消費者金融からの「過払い金請求」や「借金帳消し」の権利を放棄してしまうということにも、つながりかねません。



支払い余力があって、問題ないのならいいのですが、既に「破綻」している場合は、結論を先延ばしにしているだけという「結果」になる可能性も大きいです。

しかも、「次」の段階では、もう「既得権利」を手放してしまっている。

と、いう状態になっているとしたら、却って「大損」です。



「おまとめローン」は、金融機関の「マネーロンダリング」になっているのです。

銀行の「罠」にかからない様に、ご注意下さい。



すでに「破綻」を認識されているのなら、「おまとめローン」より、「借金問題劇的完全解決コンサルティング」の方が、お勧めです。

しくはここをクリックしてみてください
  


Posted by 四十郎 at 15:47Comments(0)ニュース徒然草