京つう

  ニュース/メディア  |  北信越地方

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2006年11月11日

消費者金融と戦うとき



10月31日、11月1日付けの「読売新聞」によると、消費者金融大手5社は、それぞれが「中間連結決算業績予想」を下方修正して、それぞれ2006年度の決算予測を「大幅赤字」になると発表したとのことです。



赤字額は、

アコム 2821億円

アイフル 1795億円

プロミス 1594億円

三洋信販 337億円

武富士 1442億円



という、それぞれとんでもない「赤字」だそうです。

もともとの予測では、それぞれ100億~300億円程度の「黒字」を予測していただけに、「大打撃」ということなのでしょうか。



これは、「グレーゾーン」貸付による、「過払い金の返還請求」のための「準備引当金」の数年分を積み増しをして、「損金処理」したことによるらしいです。

つまり、「過払い金返還請求」分を今期に「準備」して、数年分を一気に「処理」してしまおうということです。

財布にお金が無くなったわけではないけれども、資金を「別管理」にして、これから起こる「返還請求の嵐」に備えようということです。

この数千億円は、果たして「誰」のものなのか?



よく考えてみましょう。

これは、借金に苦しんでいる「皆さん」のものなのです。

どれだけ多くの「過払い」が発生しているか、解りますか?

大手5社合計でも、1兆円を超えています。



これからこの「1兆円」の争奪戦が始まる模様です。

さて、この「1兆円」。早い者勝ちかも?

ところで、私「楠四十郎」が、借金で悩んでいるあなたの相談相手になることを決意しました。
詳しくは、ここをクリックしてみてください。




  


Posted by 四十郎 at 21:54Comments(0)ニュース徒然草