京つう

  ニュース/メディア  |  北信越地方

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2006年09月28日

ニューヨークタイムスが?



写真は、京都三条木屋町で「不逞浪士」に襲われ、落命された、長州の「大村益次郎」先生です。
この銅像は、「靖国神社」境内にあり、日本国の「軍神」として、日本の明日を見守っています。

その「日本人の心」である、「靖国」参拝を「首相」はやめるべきと、「ニューヨークタイムス」が社説を記載したという「報道」がありました。

「原爆」を落とし、無実の多くの民衆を「地獄」に突き落とした「国」が、言うべきことではない。
「中国」との関係修復を優先すべきとの、主張のようですが、大きなお世話といっておきましょう。  


Posted by 四十郎 at 12:12Comments(0)ニュース徒然草